税込39円のうちわけ〜アダルトチルドレンの克服日記〜

20代のひとりっ子アダルトチルドレンが、過去を振り返ったり、今を綴ったりします。

言い訳のうらがわ

f:id:zeikomi39yen:20170621013606j:plain

今は恋する時間がないからごめんなさい、なんてさ。

安い嘘だよね。

そんなことはわかっている。

 

本当は、怖かったんだと思う。

 

父の日に妹と父と、東京で久々に会って夕飯を食べたんだって。

自分で予約して、もちろん会計は自分持ち。

でも父は気を利かせて、払った以上の値段の鞄を買ってくれた。

そして別れ際には今度帰省するときのお金だなんて言って、小遣いもくれた。

昔はさんざん親に迷惑かけたけど、少しづつお礼していかなきゃな、なんて嬉しそうに笑っている。

今回は母は東京に来られなかったけど、今度は自分が帰省してみんなで出かけたいな。

そんな話をやや照れ臭そうに話すひと。

 

素直に、素敵だと思った。

そんな家族がずっと続けばいい。

きっとこの人は愛のある家庭で生きてきた人だ。

 

でも、同時に怖くなった。

この人に、父と一度も目を合わせて話せたことがないなんて。

母から散々「人間じゃない」と言われて生きてきたって。

言えない。

 

言ったら、そんなことあるわけないと怒るかな。

それとも、神妙な顔してなんとか同情してくれるのかな。

理解なんてしてもらわなくていい。

でも、あなたにやっぱり言えないや。

 

引かれるのが怖いのかな。

自分を変な奴だって思って欲しくないのかな。

単純に、自分の内面を晒すのが怖いのかな。

自分でもわからないんだ。

 

暖かい家族のもとで育った人と一緒に生きられれば、私も変わるかもしれない。

そう思って昔、付き合った人がいた。

どこまで行っても愛せなかった。

しまいにはキスしようが何しようが、肩越しにぼーっと景色を眺めてるだけ。

こんなに優しさをくれるのに、受け入れてくれるのに、心の痛みは増すばかりだ。溢れんばかりの愛をくれるその人から、逃げたくてたまらなかった。

 

原因が自分にあることは明らかだ。

恋愛の問題は一人じゃ解決できないらしい。

でもあれから、コクハクされてもだめなんだ。

信じられないんだ。

この人になら内面を打ち明けても大丈夫だと、思えない。

伝えなければ変わらない。

 

広告を非表示にする