読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税込39円のうちわけ〜アダルトチルドレンの克服日記〜

20代のひとりっ子アダルトチルドレンが、過去を振り返ったり、今を綴ったりします。

ペンタブレット

f:id:zeikomi39yen:20170409220941j:plain

昔、高校に上がりたての頃の話。

 

ペンタブレット」というものに、私は昔から憧れがあった。

機械好きということもあり、昔お絵描きが好きだったということもある。

 

ともかく貯めたお小遣いでペンタブレットを買おうとした。

 

私の家では、お小遣いの使い道は親に許可を頂かなければならなかった。

「すみません、ペンタブレットというものを買いたいのですが、買わせていただいてもよろしいでしょうか?」

タイミングを見計らって恐る恐る父にお願いし、なんとか電気屋でタブレットを選ぶことになった。

電気屋にいくと、いくつかのタブレットが並んでいた。どうやら同包されているソフトがモノによって違うらしい。

フォトショエレメンツが付いてくるやつと、コミスタ(だったきがする)が付いてくるやつがあった。

私はコミスタの付いた箱に手を伸ばした。

アートよりもアニメっぽいものの方が好きだったからだ。

 

後ろで父が、ため息を付いた。

「お前が描きたいのって、そんな(くだらない)モンなんだ?」

ため息をつきながら、嫌悪感を浮かべた顔で父は言った。

 

ステラレタクナイ

 

「…ごめんなさい間違えました」

血の気が引いた。

サッと箱を戻し、フォトショのついたアーティスティックな箱をとった。

 

「ふうん」

「すみませんでした」

 

私はアニメも漫画もこわくなった。描くことはもっと怖くなった。

 

物心ついた時、私と目を合わさない父を見て、この人に捨てられたら生きていけないんだなと思った。

この人に嫌われたら、殺されるんだなと思った。

小さい時から、父にとっての「いい子」であることが、生きていくための条件だと思っていた。

父の機嫌を損ねてしまった日は、今日眠ったら、寝ているうちに刺されるかもなと怯えていた。

寝ている父を見て、なんなら殺される前に殺してしまおうかとさえ思った。

 

私の基準は、親にとって良い子であるかどうか、だったと思う。

捨てられたら、

今日親が帰ってこなかったら、

寝ている間に首を絞められたら?

 

きっといつも、怖かったんだと思う