読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税込39円のうちわけ〜アダルトチルドレンの克服日記〜

20代のひとりっ子アダルトチルドレンが、過去を振り返ったり、今を綴ったりします。

xx

私は負け犬。

 

もうわかっているんだ。

特別な人間でもなければ、必要な人間でもないって。

誰も気にも留めていないし、誰からも期待されていない。

生きていても、今すぐ消えたって、どうでもいいんだよ。

価値なんかない。

 

いつから負け始めたとか、もうよくわからない。

何に負けたのかもわからない。

 

何が好きだったのかも忘れて、好きだったものは見なくなった。

悔しさとか、劣等感とか、虚しさとか、そんなものばかり積もっていく。

 

結局は環境次第だとか、個人の努力が足りないとか、そんなのもうどうでもいい。

虚しいんだ。

なら一生懸命になれって言われたって、何に対しても興味なんて、たいしてない。

 

そんなことを言っていられるのは、恵まれている奴だけだっていうけどさ。

死ぬほど苦しい思いをしてまで、生きようとは思わないよ。

平等なんてないんだからさ。

どうにもならないなら、サクッと死んじゃえばいいじゃん。

出口はいくらでも転がってるでしょ。

今手元にある電気コードでも、死ぬくらいならできる。

 

なぜ生きるの?

なぜ働くの?

なぜ人と人は協力し合わなければならないの?

なぜ社会という枠組みに属しているの?

 

私にはわからない。

ただ、太陽の光を浴びれば幸せだ。

美しい空を見られれば幸せだ。

行きたい場所に行って、この星の美しさを見られるのなら、それだけでいい。

 

負け犬の矛盾だね。わかっているよ。

ここまで見ているあなたも、どっか壊れているのかも。

 

社会というのは、互いに価値を生産しあうことで成り立つらしい。

価値のない人間は、存在することも許されないのかな。

 

価値を決めるのは、他人なんだけどね。

 

社会には、約束事がいっぱいある。

その約束事が「みんな」の命を守るけど、「その他」を殺すこともある。

「その他」を殺すことは正義でしょ?

 

私はいずれ、社会に殺される。

体に渦巻く狂気が、すぐに私を超えるから。

自分を破壊することは、快楽なんだよ。

皮を剥げば肉が見える。血が滴る。

心は砂の味がする。