読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税込39円のうちわけ〜アダルトチルドレンの克服日記〜

20代のひとりっ子アダルトチルドレンが、過去を振り返ったり、今を綴ったりします。

絶対エアコン使わないマンとアトピー・ぜんそくっ子の相性は最悪【冬編】

アダルトチルドレン 昔の話

f:id:zeikomi39yen:20170123000303j:plain

私の両親はエアコンを使わない主義の人たちでした。

というよりも、自分自身が必要だと思わないものは買わない主義の人たちでした。

 

 「だって私は寒くないもん。」

 

母がよく言っていました。

そりゃそうです。彼女の部屋だけにはガスストーブが設置されており、常に暖かさが保たれていましたから。

 

でも、リビングには足元用電気ストーブが一つだけ。(彼女の足元を温めるためのものです)いつも室温は10度を下回っていました。もちろん加湿器などありません。

 

リビングですらそんな状態ですから、子供部屋にストーブなど買い与えるはずもなく。小遣いで買った小さなストーブの前で、コートを着込んで震えていました。

 

寒さと乾燥で、いつも喉が痛く、肌はあちこちが赤切れに。私は風邪をひくとすぐに喘息を引き起こしたり、鼻炎から気管支炎になってしまいます。 冬の喘息発作はなかなか大変です。なんとか呼吸をしようとしても、乾いた空気でまた咳き込んでしまいます。

 

乾燥してアトピー肌全身が痒かったり、かと思えばひび割れているところは痛かったり。ひび割れて血が滲んだ手と、傷だらけの身体と、咳が止まらない気管支。酸欠でやまない頭痛。辛かったんですねえ。

 

そんな状態で、家に一人ぼっち、母の帰りを待っている。

風の音か、自分の胸の音かわからない雑音が続いて、永遠とも感じられる時間がただゆっくりと流れていきます。

 

そしてある年、ついに私はやってしまいました。

 

f:id:zeikomi39yen:20170123000641j:plain

風邪をこじらせて、肺炎になってしまいました。年末に高熱を出し、病院に運ばれる私。その場で入院が決まり、2週間ほど病院にいました。その時出されたご飯が毎日美味しくて、ちょっと幸せだったことを覚えています。

 

退院して家に帰ると、私の部屋には加湿器がありました。

お医者さんに注意されたのだそうです。あんたがひ弱だからよ、と睨まれたのを覚えています。

 

きっと私が死んだら、あの部屋にはエアコンが付いたんだろうなあ、なんて思っています。

 

------------------------------

自分が感じない、他人の痛みを思うことって難しいですよね。

 

どんなに頑張っても、その人と痛みを分かち合うことなんてできないですし、「人の痛みがわかる」なんてことは、実際はありえないことなのだと思います。

 

それでも、人の痛みを思える人でいたいなあ。