読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税込39円のうちわけ〜アダルトチルドレンの克服日記〜

20代のひとりっ子アダルトチルドレンが、過去を振り返ったり、今を綴ったりします。

一番いいことばを頼む

誰よりも大切な人が珍しく落ち込んでいた。 久々にあったその人は、私の知っているその人からほんの少しだけ変わっていた。 変わることは自然なこと。 でも、無理をしているように感じた。 たぶん、みんなそれぞれ問題を抱えていて、その重さは私にはわから…

引っ越しました

引っ越しをしました。 ここ一週間は段ボールに囲まれて生活していました。 そして昨日なんとか引っ越しを済ませたところです。 新しい街。新しい景色。新しい出会い。 でも、場所が変わったはずなのに、私の部屋は私の部屋のままでした。 きっと、「中身」の…

不安の海を漂うなら

不安が波のように押し寄せて、叫びたくなります。 不安の原因を素因数分解してひとつひとつ確かめたのならば、気持ちの整理もできるのでしょうか。 ただ、追い詰められると、その「余裕」すらなくなってきます。 不安、不安、不安。 森田堂子を聴いて気持ち…

美味しいおと

ひさしぶりに美味しい音を食べました。 私は音を聞くと味を感じることがたまにあります。常に味がするわけではありませんが、意図せず強い味に出会うこともあります。 舌で味を感じるよりも、食べ物を噛み、飲み込むときに鼻に抜ける香りのような感覚に近い…

私は友達が少ない

私は友達が少ないです。 私が在籍している大学は、全学部を合わせると毎年1000人ほどが入学します。ざっくり計算しても、私と同じ時期に4000人を超える人間が同じ場所に出入りしていたことになります。 …それだけ多くの人がいるにもかかわらず。 私がこの四…

夜間飛行

深夜の飛行機に乗って、ジョグジャカルタの街を後にした。眼下には極彩色の夜景が広がる。 大通りを行き交う車が連なり、脈を打つ。大通りは動脈。毛細血管が無数に広がり、街は静かに息づいている。 信長や秀吉、家康さえ夢想だにしなかった世界に、私はな…

荷が重い

「やるべきこと」が重く背中にのしかかっていて、今すぐにでも潰れそうです。 ジャカルタで慣れない食事をしたためか、酷い下痢と吐き気に襲われました。さらに生理日が重なり、頭は朦朧としていました。でも日本に帰らねばならないので、急遽現地の病院にか…

旅に出ます

旅に出る前は、いつもに増して「 死」を意識します。 いつも死は側にある。そんなこと分かってはいるけれど、旅は「ここで死んでも後悔はないか?」なんて考えるキッカケになります。 人は生まれる時代も世界も選ぶ事は出来ない。 しかし、どう生きるかを決…

離婚という自由

私が小学生の頃から、父と母の仲は険悪でした。 母が、仕事を優先して子育てや家事を二の次、三の次にしたから。 収入は父が圧倒的に多く、母はパートよりも稼げないコンサルタントアシスタントでした。給料は定額で毎月8万円。彼女の稼ぎでは、家族はおろか…